【落とし穴】つながる端末保証by楽天モバイルで保証されなかった話




こんにちは、KiDです。

私はこれまでDocomo、SoftBank、auと大手携帯会社三社を渡り歩いてきましたが、2019年の3月にauから楽天モバイルへ移行しました。

SIM FREE iPhoneを香港で購入

きっかけは2019年2月に香港に立ち寄った際、Apple storeでsimフリーのiPhoneXS Maxを購入したからです。

香港で購入するメリットは税金がかからないので少し安く購入できるのと、香港で売られてるiPhoneはDual SIM採用iPhone なので物理的にSIMカードを2枚入れることが可能ということです。

香港や中国、その他東南アジアの国々では大陸で国が繋がっていることもあり、国境を跨ぐ度にSIMカードを入れ替えることが面倒なのでDual SIM対応の携帯電話が多く、逆に日本で販売されているESIM搭載のiPhoneは販売されていないみたいです。

Dual SIM携帯のメリット

Dual SIM のメリットは旅行や仕事で海外へ行った際、現地のSIMを購入して日本で使っているSIMと入れ替えないといけないのですが、simを失くすリスクもあるし、また帰国の際に入れ替えるのが面倒くさいです。


しかし、Dual SIMだと日本の携帯会社のSIMと現地のSIM両方入れておくことができるのでとても便利です。

格安SIMに乗り換え

話を戻して、なぜ楽天モバイルに乗り換えたかと言うと、大手3社の携帯料金プランが高すぎると思っていたからです。

日本の大手携帯事業者の料金は海外と比べても高いとされ、日本政府も通告するほどです。

確かに大手3社だと携帯機種代を安く購入できるメリットはありましたが、それ以外のメリットは見当たらなかったのと自宅にWifiがあったのでそこまで普段の生活で外出時にインターネットを使用することもないと思ったので格安SIMの楽天モバイルに乗り換えました。

つながる端末保証by楽天モバイルに加入

楽天モバイルに加入した時だけ、『つながる端末保証by楽天モバイル』というオプションに申し込むことができます。
500円/月かかりますが、端末故障や水没、破損などのトラブルにも使用できる保険みたいなサービスなので、万が一に備えて加入してました。

いざ修理!しかし‥保証対象外!その理由は

先日iPhoneを酔っ払って地面に落としてしまい、画面と背面に若干のヒビが入ってしまい、これはこの保険を使う時がきたーーーー!!と思い、手順通りに電話してオペレーターとやりとりしていると

KiDのiPhoneは保証対象外と判明し、保証されませんでした(泣)

その理由は

「海外販売モデルは保証対象外とします。」

の一文を見落としていたからです(泣)

もちろん返金してもらえるよね?

でもおかしな話じゃないですか?

初めから保証されない端末ならお金を払ってたこと自体が無意味だってこと。

→返金してくれるであろう

と言う事で、カスタマーセンターに問い合わせたところ、返金対応はしておりませんとのことでした。。(泣)

海外販売モデルと判明した理由

そもそもなぜ日本販売モデルではないと判明したかと言うと、

つながる端末保証のオペレーターの質問のモデル番号で判明しました。

モデル番号の”/”の前が日本販売モデルだと”J“らしいが香港で購入したiPhoneは”A

それだけでわかるなら、最初から端末登録時にそれも確認してくれよって💢

と言うのも、つながる端末保証に加入した際に端末登録をするのですが、
そこで登録するのが

  1. シリアルナンバー
  2. IMEI

の2つだけ。

もしそこでモデル番号も登録する仕様にすれば保証できる端末かそうでない端末かが一目瞭然であったはず

海外で携帯を購入することが珍しくない事や、
海外の人が日本で多く働いている今の時代に、
グローバル企業と自ら言っている楽天のサービスであるのに大変お粗末に感じました。

あとがき

今回は保証もされず、返金もされず、やりきれない思いがすごくあり非常に残念です。

勉強代と言う事で納得するしかないですね(泣)

つながる端末保証のオペレータの方も、カスタマーセンターのオペレータの方もすごくいい人だったのが唯一の救いです。

あとたまたま25日に問い合わせしていたので、25日までにオプション解除すると今月分だけで済んで、来月分払わなくて済んだ事はラッキーでした笑

KiDと同じような被害者が出ないように改善されることを祈ります。




シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です