【輪島】日本三大朝市の1つ「輪島朝市」でご当地グルメの能登牛串を食べ歩き!

岐阜県の高山朝市、千葉県の勝浦朝市とともに、
日本三大朝市の1つに数えられている「輪島朝市」。

朝8時から朝市通りには約200軒もの露店が所狭しと並んでます。

ホテルで朝食をがっつり食べてから朝市に行ったので、軽く食べ歩きをしました。

その中でもおすすめのものをご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 輪島朝市の基本情報が知りたい人
  • 輪島朝市で食べ歩きしたい人
  • 「幻のブランド牛」の能登牛を食べてみたい人

日本三大朝市の1つ「輪島朝市」

基本情報

住所:石川県輪島市河井町1-115
駐車場:輪島朝市駐車場(普通車 300円)
営業時間:8:00-12:00
定休日:第二・第四水曜日(2021年年間カレンダー
支払い:現金/ QR決済 / (お店によってはクレジットカード可)
公式サイト:輪島朝市公式ホームページ

無料の駐車場はないので、観念して300円払いましょう。笑
朝市の時だけ有料で、その他の時間は無料みたいです。

朝市通り

露天の売り手の90%以上が女性のおばあちゃん達です。

野菜などは近所の農家のおばあちゃんが
新鮮な魚介類は漁師町の女性たちが売りに出ています。

「亭主の一人や二人養えない女は甲斐性なし」と言われるほど、輪島の女性は働き者。

そんな輪島の女性たちによって、輪島の朝市は活気で溢れてます。

輪島の女性は働き者

200以上の露店が朝市通りにあるので、どこで買おうか迷ってしまう。
それもどこのお店も似たり寄ったりの商品を扱っているように見えて決めかねない!

特に海鮮や干物を扱っているお店は多いので、一通り目を通してから買うことをお勧めします。

いろは橋

いろは橋

2015年放送のNHK連続テレビ小説「まれ」。
その「まれ」の舞台となったのが、石川県輪島市だったのです。

なかでもいろは橋は通学のシーンなどで多く登場したみたいですね。

2020年に橋の補修や塗り直しが終わり、今は輪島塗を連想させるとても美しい橋を見ることができます。

このいろは橋の近くには「まれ」で使用されたロケのセットなどが多数展示されている「輪島ドラマ記念館」があるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

輪島朝市食べ歩き

定番の人気グルメまとめ

定番の人気グルメはリサーチした結果をまとめました。
というか、行く前にもっとリサーチしておけば3倍楽しめたのに!と後悔してます。笑

いわば、次回行ったら行きたいお店や食べたいグルメです。

魚介類

朝市さかば
石川県輪島市河井町91

朝市で買った魚介や干物を持ち込んで料理してくれます。
朝市で買わなくてもお店にいけば定食屋や丼が食べられます。

魚介類

炭火焼きコーナー
石川県輪島市河井町159

朝市で購入した鮮魚や干物などを無料で炭火焼きコーナーで焼いて食べることができます。
炭や七輪、紙皿や割り箸も無料で貸し出してくれます。

輪島サイダー

輪島朝市、輪島市内限定販売。

輪島サイダーは世界農業遺産の認定名「能登の里山・里海」をイメージして作られたもの。

輪島サイダー(里海)は海女さんをイメージしたパッケージで甘さ控えめ。
輪島サイダー(里山)は白米千枚田をイメージしたパッケージでちょっと甘め。
各1本200円

甘酒

日吉酒造店
石川県輪島市河井町2-27-1

1912年創業の老舗酒造。
店頭では自家製甘酒(100円)をいただける。

えがらまんじゅう

饅頭処つかもと
石川県輪島市河井町90

クチナシで鮮やかな黄色に染めた輪島名物のおまんじゅう。
150円(1個)、800円(5個)、1550円(10個)

ゆずぐるとソフトクリーム

柚餅子総本家中浦屋 本町店
石川県輪島市河井町2-70

新名物のスイーツ。
さっぱりとしていながらもヨーグルトのコクを感じられる絶妙なソフトクリーム。(400円)

能登牛ロース串

石川のブランド牛といえば能登牛

能登牛の出荷頭数は年間1,000頭と非常に少なく、ほぼ圏内でしか流通していないため、

“幻の和牛”

と呼ばれています。

能登牛ロース串 1,000円

能登牛ロース串1本1,000円しますが、是非食べて欲しいおすすめの一品。

肉質がきめ細かく、口の中で脂が溶けると甘みがありめちゃくちゃ美味しいです!

それと一緒に能登牛串1本500円も一緒に食べ比べして欲しい!

赤身かヒレの部分を使っていて、めちゃくちゃ柔らかく旨みがたっぷり。

この旅で能登牛を食べれるお店を探したんですが、なかなか良い店が見つからなかったのでここで能登牛串を食べることをめちゃくちゃおすすめします!

能登ふぐの握りと蒸し牡蠣

こちらは「海幸」のお店の前で間借りしているおばちゃんがやっている、蒸し牡蠣!

自分で大量の殻付き牡蠣の中から選ぶので、当たりかどうかは食べる寸前までわかりません。

1個300円の牡蠣
ちなみにちょいと微妙な大きさでした笑

また、この店頭に立っているおばちゃんが海幸が用意している能登ふぐの握り(2貫300円)も売ってくれるので、それを食べなが待つのがベストかと!(能登ふぐの握りの写真撮り忘れてしまった)

まとめ

日本三大朝市の一つでもある輪島朝市。

雰囲気だけでも味わえたのではないでしょうか?

能登半島の方へ行く機会があれば必ず輪島朝市に立ち寄って欲しい!
朝市は散歩がてら歩き回るだけでもとても面白い発見ができるのでおすすめです。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です