初めての一人旅にシンガポールをおすすめする5つの理由。

こんにちは、
早く海外へ飛び立ちたいKiDです。

現状すぐに新型コロナが完全に終息する事は考え難いので、これからはウィルスと共存していく世界になっていきますかね。

早期の終息を願い、また海外へ行ける日を楽しみにして今は大人しくStay Homeしましょう。

さて、

今回はこれまで17カ国40都市海外の街を旅してきたKiDが初めて一人旅するのにおすすめの国、シンガポールについてです。

まず一人旅ってしてみたくても、なかなか勇気が出ないで行けてない方も多いのではないでしょうか?
旅行って何人かで行った方がその瞬間の感動や体験を共有できるので、誰かと行った方が絶対楽しいですよね。

KiDが初めてひとり旅をするきっかけとなったのは、JALのステータスを狙ってのマイル修行目的でした。

きっかけはなんであっても、実際に一人旅をしてみて一人旅も悪くないなーーと思いました。
むしろこういう経験は長い人生において必要なものだと感じました。

初めての一人旅にシンガポールをおすすめする5つの理由

①治安が良い

旅の目的地を選ぶ上で優先度が高いのが、その都市が安全かどうかだと思います。

日本という国は良いも悪いもすごく恵まれていて、日本人は平和ボケしてる感は否めないですが、日本から出たら自分の身は自分で守らなくてはいけません。

そこで安全性を考えると、シンガポールがおススメです!

(CNN) 英誌エコノミストがまとめた世界60都市の安全度ランキングで、東京が1位、大阪が3位に選ばれた。
2019年版のランキングでは、観光客が訪れる主要60都市のデジタル、衛生、インフラ、治安について100点満点で評価した。
首位の東京は92点を獲得し、次いでシンガポールが91.5点で2位。3位の大阪は90.9点だった。この3都市は、2015年と17年のランキングでもトップ3に入っている。
東京はデジタルセキュリティでも首位に立ったが、インフラの安全性や治安ではシンガポールの方が高得点だった。

https://www.cnn.co.jp/travel/35141976.html

世界安全度ランキングで1位東京、2位シンガポール、3位大阪というランキング順位でお分かりのように、シンガポールは日本の都市並みに安全であることがわかってます。

KiDがシンガポールへ行った際も、全く恐怖心を抱いたことはなかったですし、夜中に街を歩いていても全然平気でした。

初めて訪れる国だと常に周りを警戒し、気疲れすることも多いと思いますが、その点が軽減されるのは一人旅する上ではかなり大きいポイントになります。

②交通インフラが発展している

空港から市街地までのアクセスはMRTが通ってますし、観光する際もMRTや電車とバスを駆使すればタクシーを使わなくてもある程度目的地まで簡単に辿り着く事ができます。

安全な都市だからこそ、電車やバスで移動しても安心です。

そこでお勧めしたいのが、Tourist Passです。
日本にも同じようなものがあると思いますが、短期滞在の間このパスを購入すると電車やバスに乗り放題というものです。

https://thesingaporetouristpass.com.sg/type-of-passes/

1度購入しておけば、電車やバスに乗るたびにお金を準備する必要ないですので、移動がスムーズになります!

ただし、帰国前にデポジット分のお金を返金することだけ悪れないように注意が必要です。

ちなみにバスは2階建てのバスが多く、久しぶりに乗るとテンション上がります!
そしてバスは前のドアから乗り、後ろのドアから降りるルールなので、KiDのように間違えて後ろのドアから乗って運転手に怒られないように注意して下さいね😅

もちろん、日本と比べるとタクシー代も安いし、シンガポールは結構蒸し暑いのでタクシーを使って快適に移動するのもありだとは思います。

しかしこれまでのKiDの経験上、なるたけ電車やバスを利用した方が旅の記憶にかなり残ります。
自分で調べて、ドキドキしながら電車やバスに乗ってみて、ローカルの人々の雰囲気を味合うって旅の醍醐味のひとつで、すごく印象に残るんですよね。

特にシンガポールは安全な国なので、公共機関を使うことをお勧めしておきます。

③日本からの距離、サイズ感が丁度良い

欧米や欧州へ行こうとなればチケット代は高いですし、飛行機を乗り継いだり12時間以上の長時間のフライトになってくると目的地に移動するだけで疲労困憊になります。

その点、日本からシンガポールまでのフライト時間は約6時間くらいですし、乗り換えなしで行けるので近すぎず遠すぎず丁度いいと思います。

 

また、シンガポールは東京23区と同じくらいの大きさなので、移動するにも時間がかからないので一人旅で行くのにお勧めです。

KiDは1泊4日という強行スケジュールだったので、行きたかった観光スポットを網羅することは出来ませんでしたが、2泊3泊くらいあれば十分観光できる大きさの国です。

④英語が通じる

シンガポールは中華系、マレー系、インド系からなる複合民族国家で公用語は英語、中国語、マレー語、タミル語となってますが、英語でコミュニケーションをとる事ができます。

英語がそんな得意でないという方でも、例えばベトナム語やネパール語のようなまったく馴染みのない他の言語と比べたら、英語であればどうにかコミュニケーション取れる気がしませんか?
英語圏でありますが、複合民族国家で現地の人々の英語のレベルも人それぞれですし、外国人も多いので英語にコンプレックスを持つ必要は全然ありません。積極的に話しましょー

また、シンガポールは複合民族国家でありたくさんの外国人がいるということは、黒髪の日本人がいても全く違和感がないわけですよ。


他の欧州や北米などでは周りはほぼ白人の中、日本人やアジア人がぼっちでいるだけで結構心細くなったりしますが、そんな心配する必要はまったくないってことです。

⑤食ベ物が美味しい

シンガポールでは共働きが主流なので外食産業が発達していて、フードコートやホーカーズのような大衆外食広場が充実しています。

混合文化らしく、中華料理、マレー料理、南インド料理と大別されています。

シンガポール料理は日本人の口に合う料理が多いので、それを食を楽しみに旅するのもいいと思います。

肉骨茶や海南風チキンライスは日本でも最近お店を見かけますが、本当に美味しいので是非食べてみて下さい!
他にもラクサやチリクラブ、フィッシュヘッドカレーなども有名です。

KiDはチキンライスや肉骨茶、ラクサのお店をはしごして食べ歩いてたので、観光スポットを諦め食に走りました😋

シンガポールで注意するポイント

①年中蒸し暑い

シンガポールは平均最低気温24℃、平均最高気温30℃以上と一年中日本の夏くらい蒸し暑いです。

30分外を歩いただけで汗ダラダラでした💦

しかし、ショッピングモール内などの建物内は冷房が強烈なので、羽織れる物を持参しておくといいかと思います。

②物価が高い

シンガポールは世界中のお金持ちが集まる国なので安全ですが、基本物価が高いです。

ホテルも他の国と比べても結構高いので、KiDは人生で初めてカプセルホテルに泊まりました。
とても快適に過ごせたので、その話はまた後日お話ししたいと思います。

お酒もかなり高いです。
ナイトライフを満喫しようと クラークキー(Clarke Quay)や西洋人が集まるお洒落なバーがたくさんある通りのクラブストリートに行きましたが、生ビール1杯約1,000円しました!泣

基本物価は高いですが、ローカルのホーカーズへ行けば安くて美味しい料理が食べられるし、お酒も販売してるので、旅行するだけでしたら特に問題ないかと思います。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です